建築士てなあに?
建築設計てなあに?

 一般的に家を建てる場合、発注者(施主様)は、希望する間取りや内容、雰囲気を持っていいますので、発注者と建築士がディスカッションしながら家造りは始まります。

STEP 1
調査研究・企画

 家を建てる場所(建築場所)の調査
     用途地域、敷地面積、敷地の高さなどを調べます。
 注意 : 土地が無ければ家は建てられませんが、土地があるからといって家が建つとは限りません。法律上、建築してはならない地域やその制限を受けることがあります。

STEP 2
基本構想(計画)

  基本設計に先立ち、発注者の求めに応じて、その条件にを満たすべく構想、立案をします。
 ここからが、試行錯誤の始まりとなります。理想と現実の間にはまって知恵を搾り出すところでもあります。一般的に、家を建てようと計画した段階で予算がありますから、その予算に見合う設計でなければ計画倒れになってしまいます。文字どおり「絵に描いた餅」になってしまいます。

STEP3
基本設計

  発注者から示された与条件にしたがって建物の平面、空間の構成、各部の寸法や面積、建築的・設備的に備えるべき機能、主な材料や使用機器を予算とのバランスを考えて立案します。
 この段階で建築士と良く打合せをすることが大事です。自分の要望が設計に反映されているかどうかを確かめる必要があります。

STEP 4
実施設計

  基本設計によって決定した内容に基づき、デザインと技術の両面にわたり細部の検討をさらに行い、発注者の承認を得た上で実施設計書の形にまとめます。
   この実施設計書をもとに、施工者が設計内容を検討し工事費を積算します。

STEP 5
工事管理

  発注者と施工者の工事請負契約がなされた後、工事に着手した時点から監理業務となります。
 工事期間中は、設計図書を補う様々な方法で、設計意図を施工者に明確に伝達し、具体化を行うとともに、監理者として品質監理につとめます。